保険で節税・決算対策|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   保険で節税・決算対策

保険で節税・決算対策

法人保険で節税?

女性オペレーター 保険のビュッフェの法人保険FPは、税務のプロフェッショナルとしての一面も持っています。そのため、保険のビュッフェでは保険を利用した節税対策についても、アドバイスを行っております。しかし、根本的な疑問として、法人保険で節税を行うことは可能なのでしょうか?

法人保険を含む生命保険は、税制上で優遇されています。そのため一定の条件を満たすことで経費処理を行うことが可能です。さらに、その法人保険が積立タイプの保険である場合に限って、支払った保険料は簿外の含み資産となります。

したがって、万が一のときには、解約返戻金を利益の調整や緊急資金として活用することができます。これを、その年の節税対策だけに留めず、将来の財務基盤へと繋げることも可能です。

実際に、保険のビュッフェでは法人保険を活用したケースと、活用しないケースで、それぞれ年間1,000万円の利益を出した場合を比較しており、その場合5年後には、法人保険を活用したケースの方が1,000万円も多く資産を残すことができると提示しています。(※法人税の実効税率を35%と仮定した場合)

効果的な運用に必要なポイント

法人保険を上手に活用するためには、幾つかの課題があります。 まず大前提として、最適な保険を選択することが挙げられます。数多く存在する保険会社の各種商品を比較するだけでも膨大な時間と手間が掛かり、さらに各社の商品の中から、効果的に組み合わせることは生半可な知識では難しいと言えます。

保険のビュッフェに所属する法人保険FPは、保険に関して桁違いの知識と経験を保有しているため、複数の保険会社を組み合わせ、最適なプランを組み立ててくれます。

さらに、節税を成功させキャッシュ化をする際にも、簿外の資産を受け取るときに課税されない方法や解約時期の見極めなど、プロならではのアプローチで資産運用を行ってくれます。これは保険会社の営業担当や、街角の保険ショップ店では難しく、税務の知識があるからこそ可能な、最大のメリットです。

また、景気の悪化や経済情勢の変化、関連企業の状況など予期することが難しいリスクにも対応してくれます。自社内で解決へと導くことができない問題も、信頼できるFPがパートナーとして適切なサポートをするからこそ乗り越えられる問題も多いでしょう。

TOPページ
PAGE TOP