対応不可のサービスと理由|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   対応不可のサービスと理由

対応不可のサービスと理由

保険のビュッフェ:3つの「致しません!」

バツじるしを作る女性 ■1、メールや電話のみでの相談

メールや電話で簡単に法人保険を選びたい企業もあるかもしれません。しかし、保険のビュッフェでは、円滑な進行を目指すと共に、相談を行う企業にとって最もメリットがある保険を導き出すために、直接面談にこだわっています。効果的なアドバイスや確実なサポートを行うためには、どうしても各企業の状況を詳しく把握しておく必要があります。

また、最終的に法人保険に加入する場合も、担当のFPが手続き全般を行うので、アフターサービスを受けられる場合も考慮し、面談での相談に限定しています。しかし、全国対応をしてはおりますが、一部の離島など現在の対応エリア外の地域もあるため、将来的にはメールや電話での相談も可能とすべきか、現在、検討されています。

■2、公共施設またはファーストフード店での相談

保険のビュッフェの無料保険相談は、基本的には相談者の指定した場所で行います。しかし、図書館など声を出して話し合う場所として適さない場所や、周囲の利用者に迷惑となりかねない場所での相談は、原則NGとなっています。また、ファーストフード店など騒がしい場所での相談についても、同様にNGとなります。

相談を行う環境にこだわる理由は幾つか挙げられますが、最も大きな理由として、企業の現状を正しく把握するために、経営状況や従業員数、今後のビジョンなど、内容によっては部外者に聞かれたくない項目が存在する点が挙げられます。なるべく周囲に不特定多数の方がいない環境をオススメしており、企業の会議室や担当者の自宅を選ばれるケースが多いと言われています。

■3、損害保険の相談

保険のビュッフェでは現在、自動車保険や火災保険を含む損害保険の相談には対応していません。ただし、生命保険が取り扱う保険であれば、どのようなことでも相談することが可能です。もちろん法人保険も、法人保険FPが対応しますので、詳しいことは無料相談にてお尋ね下さい。

TOPページ
PAGE TOP