役員や従業員に向けて|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   役員や従業員に向けて

役員や従業員に向けて

労働災害に関する保険

女性従業員 東京海上日動では、政府管掌の労災保険の上乗せ給付や損害賠償責任として、労働災害総合保険があります。この保険には、「法定外補償保険」と「使用者賠償責任保険」の二つがあり、どちらか一つだけを契約することも可能です。

法定外補償保険は、政府労災保険の上乗せとして、死亡、後遺障害、休業の場合に保険金が支払われます。使用者賠償責任保険は、政府労災保険の給付が決定された労働災害について、法律上の損害賠償責任を補償します。

補償対象が広い傷害保険

役員や従業員を守る保険として、一般傷害保険「Tプロテクション」もあります。企業独自の補償として、個々のニーズに合わせて設計が可能な保険商品です。労災保険の上乗せとして活用することはもちろん、従業員への更なる補償として組み合わせることが可能です。

業務中だけでなく、通勤途中の災害についても補償があります。パートやアルバイトの方も自動的に補償の対象になります。建設業の場合なら、下請負人の方も補償の対象とすることができます。また、役員についても補償の対象とすることが可能です。

保険金の支払い方法については、従業員へ直接保険金が支払われる「傷害補償型」と企業側へ支払われる「事業補償型」の二つのタイプがあります。主な補償としては、従業員の死亡、後遺障害保険のほか、入院や手術、通院の場合にも保険金が支払われます。基本補償のほか、従業員への手厚い補償の従業員用オプションや企業側の支出についても補償可能な企業用オプション商品もあります。

役員に向けた保険

株主代表訴訟など、会社役員の賠償リスクを補償する保険もあります。それが、会社役員賠償責任保険「D&O保険」です。会社役員としての業務遂行に起因して、損害賠償請求がされたことによって被る損害を補償しています。法律上の損害賠償金(一部除かれるものもある)や訴訟にかかる費用等が支払われます。

TOPページ
PAGE TOP