個人保険との違い|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   個人保険との違い

個人保険との違い

法人VS個人

会議 法人保険と個人保険の違いは何でしょうか?

個人保険の場合は、一つの契約に対して、被保険者のみが保障対象となる場合が多く、同居している家族の場合でもそれぞれ別々に保険に加入する必要があります。しかし、法人保険では、一つの契約で、企業に属する社員を一括で保障することが可能です。

法人保険を選ぶ場合には、保険料の安さばかりが大切ではありません。保険にかかる経費はなるべく抑えたいところですが、万が一の場合には、自分だけではなく会社や社員・役員を守らなければなりません。きちんと対応してくれる保険会社や代理店と契約することがまずは一番大切です。

多様な損害保険

企業経営にはリスクがつきものです。経営者自身の万が一はもちろんのこと、社員やお客様の万が一の際に損害を賠償するケースもあります。

社員が業務中や通勤途中に事故や災害に巻き込まれることがあります。業種によっては、社員が危険度の高い高度な作業に取り掛かることもあります。

接客やサービスに関する業種では、お客様が飲食を原因として食中毒を起こしたり、建物内でけがをしたりということもあるかもしれません。地震や水害といった自然からの災害のリスク。商品の盗難。工事の際の環境汚染。危機意識を持ち、防止策を考える場面はいくつもあります。

近年は、情報セキュリティの問題も増えてきました。個人情報の漏えいや企業の情報管理の対策も必要です。また、インフルエンザ等の新種の病気やうつ、過労死といった、社員のメンタルヘルス面での危機管理対策も注目されています。

さらに、企業側の不祥事による謝罪広告の費用補償など、保険会社側も企業のニーズに合わせた保険商品を提案できるようになりました。個々の必要性に合わせて、様々な保険を利用できるようになっています。

TOPページ
PAGE TOP