法人保険とは|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   法人保険とは

法人保険とは

法人保険について

一丸となる社員 法人保険とは、会社や法人が加入する損害保険または生命保険のことです。

法人保険の大きな特徴は、企業などに所属する複数の人間を、同じ保障期間、同じ保障内容で契約することができることです。企業に属していれば、役員から一般社員まで均一の保障を受けることができるのです。

一例をあげれば、社員の一人が死亡や高度障害、傷病などにあってしまった場合、まず保険会社が法人に対して保険金を支払います。そこから本人やご家族に対して保険金が給付される仕組みになっています。

法人で保険に加入をする場合、万が一に備えた死亡保障などのリスク対策、社員の福利厚生や退職金の準備などが目的になることでしょう。また、節税効果もあるため、財務戦略の一つとして導入を検討されるケースもあるようです。

保険は変化していく

企業経営は何が起こるか分かりません。思わぬトラブルに巻き込まれたり、自然災害が起こったり、社員に万が一のことが起こる場合もあります。もちろん、経営者自身に万一のことが起こりうる場合もあります。最近では保険内容が多様化され、企業向けの保険商品は増えています。

一方、企業側も、社会情勢の変動やニーズによって事業内容や社員の年齢構成が変わるなど、日々変化があるでしょう。「保険に入っているから安心」ではなく、タイミングを見計らって見直しをすることも必要です。

主な法人保険

保険の種類の代表的な物をあげれば、火災保険、自動車保険などの損害保険、生命保険、医療保険、がん保険などです。

また、法人向け保険の中には、団体保険ともよばれ個人で加入するより規模が大きい保険や生命保険のように個人保険との共通点が多いものもあります。保険会社によっては、企業の事業内容に合わせた特殊な保険を扱っている場合もあります。個人情報漏えいに関するものや海外出張に関するものなどもあります。

まずは、「どんな保険に入るのか?」加入する目的を明確にし、それに合った保険を探すことになります。

TOPページ
PAGE TOP