見直しのタイミング|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   見直しのタイミング

見直しのタイミング

定期的な見直しが大切

定期的な見直し 保険商品は、様々な種類の商品が販売されています。それぞれ保険会社によって特徴も異なります。

保険内容については、ムダなコストを減らす点からも定期的に見直しすることがポイントです。例えば、借入金など会社の資産に大きな変化があった場合には、万が一の際の備えがあるか、新入社員を採用した際にも、新しい社員の加入漏れがないかといった確認が生じます。

事業内容や資産の変動、社員の構成などは、大部分の企業において年数の経過とともに変化していきます。同じ保険に長期間加入している場合には、特に、加入時の条件と現在の状態が変わってきている場合があります。保険に入ったから「安心」「終わり」ではなく、自分の会社に合っているのか、周囲の変化の中で常に最適な状態にしておく必要があるのです。

頼れる専門家の存在

法人保険の場合、事業内容や資産の状態、社員の年齢や性別など、個人保険よりも確認すべき項目が多く、自分の会社にすべて当てはまる保険を選ぶのはなかなか難しいことでしょう。とはいっても、合わない保険に加入していると、いざという時に十分な保障を受けられないばかりでなく、ムダなコストになり、節税対策や財源確保の妨げになることも考えられます。

現在の企業を取り巻く環境は、インターネット等で、自分で情報を集めることは簡単になっています。しかし、多くの種類の中からどれを選択するか、絞り込むことは難しく決断に時間がかかるものです。そんな時に、利用したいのが専門家への相談です。

多くの保険会社では、インターネットによって無料で保険内容の相談が出来るサービスを行っています。電話やインターネットで相談依頼を行った後、場合によっては保険のプロと直接会って相談が出来るのです、

また複数の保険会社の商品を取り扱う、保険代理店への相談という方法もあります。顧問税理士や訪問してくる保険営業マンに相談されるケースが、以前は多かったようです。けれども、保険商品が多様化している中では、多くの商品を平等な視点から見て、最適な商品を提案できるのが保険代理店の利点でもあります。

TOPページ
PAGE TOP