節税効果が期待できる|事業保証や節税対策のための情報サイト

HOME   >   節税効果が期待できる

節税効果が期待できる

節税効果と法人保険

微笑む経営者 法人保険の目的は、リスクに備えることです。しかし、保険にはリスク対策だけでなく、財政政策の面でメリットがあることをご存知でしょうか。

法人契約の場合、支払った保険料を経費とすることが可能なので、税金の控除の対象となります。つまり、「節税効果がある」と言われているのです。

法人税は、企業にとっては大きな割合を占める税金です。黒字決算の場合、利益を上げた分だけ法人税を支払う必要があります。利益が増えれば、税金も多く支払わなければならなくなるのです。

特に中小企業の場合には、利益の大部分を税金として徴収されてしまう場合があります。規模の小さい会社にとっては、税金の負担感はとても大きいものです。そこで、多くの企業では、節税対策を行って利益の確保をしているのが現状です。

一般的な節税方法としては、家賃の前払いや車両、設備機器の購入があげられます。しかし、支払う金額にもよりますが、節税効果としてはそれほど大きいとは言えません。

損金にできる

法人保険に節税効果がある理由は、「損金」とできる点です。法人保険に加入した場合、支払った保険料を経費とできるので、税金の控除対象となります。これが損金です。

損金にできる割合は、保険の種類によって違いがあります。しかし中には、全額が損金扱いできる保険商品もあるのです。契約完了後、まとまった保険料を支払うことによって損金と計上され、結果的に大きな節税となります。

ただし、注意しなければならないのが、契約日についてです。保険会社によっては、契約まで一定の日数を要する場合があります。節税効果を期待して保険を利用される場合には、余裕をもって申し込む必要があります。

TOPページ
PAGE TOP